個人投資家の方も、企業の方も、これから株式に投資を行う予定の方には是非ご覧頂きたい情報をブログ形式にて詰め込んでいますので、まずは全ての記事を一読ください。随時更新していきます。

投資顧問の口座開設、落とし穴やリスクを知ろう 

株式投資を始める場合、どのようなルールで株の仕組みや買い方から売り方までが分からないという人で、投資顧問に助言を受けたり、投資運用を委託するなどの方法で株式投資に取り組むことがあります。
ここで、投資顧問について少しお話ししてみます。
投資顧問とは、投資助言や投資運用代行を行うことで顧客から対価を得る会社を言います。
投資に関する顧問であるのです。
この会社が行う仕事は、顧客にチャートを元にファンダメンタルズ分析を行い、投資に関する助言をするほか、顧客が投資を考える銘柄の相談に応じるなど、さらに投資一任契約を締結し、顧客から投資準備金を預かり、ファンドとしても投資を行います。
投資顧問は株式投資のプロであると言えるでしょう。
株式投資は、まず、証券口座を開設します。
口座開設が済むと実際の投資になるのですが、この時に助言を受けるか、もしくはファンドとして利用する場合、自身での証券口座の開設は不要となります。
ただ、一つ気を付けておきたいことがあります。
投資顧問がいくら投資のプロと言っても、助言という意味では情報屋であり、ファンドとして利用するのであれば、大きな投資に回すお金を会員から集めて、儲かれば配当として分配させているに過ぎず、それであれば大手金融機関の投資信託の方が安全性は高いと言えます。
投資には必ずリスクがあり、リスクの説明をしっかりと受けておく必要があります。
投資の落とし穴は、プロにより仕掛けられます。
株価が上がると欲が出てしまいます。
これが投資の落とし穴になります。
一度、高値をつけると、下落してもまたその価格に戻ると錯覚します。
しかし、上げに比べて下げは早く、投資顧問のようなプロは、会員から集めたお金で投資をするので強気であることが多いです。
しかも、損失補填は一切しません。
損をして初めて落とし穴に気付きます。
リスクについてはあまりしっかりと話さない傾向があります。